読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

babel, webpack, karmaでnode_modulesを除いてカバレッジを計測する

 

f:id:shogonir:20170529011413p:plain

 

目次

  1. この記事の目的
  2. テスト対象のコードを準備する
  3. karmaとbabel, webpack
  4. karmaでカバレッジを測定する
  5. テストを実行します
  6. まとめ
続きを読む

【WebAssembly】JSとwasmでソートの速度を比較する

f:id:shogonir:20170514025514p:plain

目次

  1. この記事の目的
  2. C++でソートを実装
  3. JSでソートを実装
  4. 実行用のHTMLを準備する
  5. 実際に速度を比較する
  6. まとめ
続きを読む

【WebAssembly】JS側で作成したtyped arrayをwasm側に渡す

f:id:shogonir:20170514025514p:plain

目次

  1. この記事の目的
  2. wasm側のソースコードを準備
  3. wasmにコンパイルするスクリプトを準備
  4. JSのtyped arrayをwasmに渡す方法
  5. サンプルの動作確認を行うHTMLを準備
  6. まとめ
続きを読む

【WebAssembly】babael, webpackと一緒にwasmを使う

f:id:shogonir:20170514025514p:plain

目次

  1. この記事の目的
  2. babel, webpackの導入
  3. JavaScriptソースコードを用意する
  4. サンプルを動かすHTMLを準備する
  5. wasmに変換するソースコードを準備する
  6. Utilsクラスでwasm読み込みを実装する
  7. 動作確認用のHTMLを準備する
  8. まとめ
続きを読む

【WebAssembly】wasm側で動的に作成したインスタンスをJSに渡す

f:id:shogonir:20170514025514p:plain

目次

  1. この記事の目的
  2. JSに渡したいクラスをC++で定義する
  3. wasmのソースコードを実装する
  4. JS側でポインタからインスタンスを読み込む
  5. HTMLからwasmを読み込んで実行する
  6. まとめ
続きを読む

【WebAssembly】C/C++で実装された既存の資産をincludeする

f:id:shogonir:20170514025514p:plain

目次

  1. この記事の目的
  2. includeされる側のクラスを実装
  3. ビルド用のスクリプトを準備
  4. includeする側の実装
  5. HTMLからwasmを読み込み実行する
  6. まとめ
続きを読む

【WebAssembly】C/C++からJavaScriptで実装した関数を実行する

f:id:shogonir:20170514025514p:plain

目次

  1. この記事の目的
  2. C/C++でコールバック関数の定義のみ書く
  3. JavaScriptでコールバック関数の実装を書く
  4. emccで –pre-js オプションでビルドする
  5. HTMLから読み込んで実行する
  6. まとめ
続きを読む